with Mamaの家デザイナーインタビュー – 袖ヶ浦市奈良輪街角モデル完成見学会への思い

みなさんはじめまして!
デザイン室のフジタと申します。デザイン室フジタさん

この度、ウィズママBLOGの仲間入りをすることになりました!
デザイン室は、ウィズママの商品開発やモデルハウスの企画設計、分譲住宅「ララフィール」の企画設計、中古住宅のリノベ―ション、非住宅の設計などなど。まぁ、いわゆる社内の何でも手掛けます部門です^^

そんなデザイン室で、住宅の設計やデザインにまつわる話をちょこちょこと語っていこうと思います。
お付き合いください^^

さて初回は、昨年末に袖ケ浦市内に完成したモデルハウスについてお届けします!

奈良輪完成見学会の家外観

最近人気のブルックリンスタイルと言われる外観テイスト

黒いストライプの外壁と渋みのあるチョコブラウンの組み合わせ

「calma(カルマ)」と名付けたこのスタイル

ウィズママの中でもいちばんの人気になりました!

私の自邸も黒い家なので、なんだか親近感があります♪

calma(カルマ)とはスペイン語で“落ち着く”という意味。

カッコイイ大人の雰囲気で、まさにシックで落ち着いた佇まいですね。

黒い壁に緑が映えるように植栽の位置にも気をつかい、外構の門柱はあえて黒くしないで照明やポストがワンポイントになるようデザインしました。

奈良輪完成見学会の家外観

エントランス

艶消しの質感が美しい玄関ドア

もちろんタッチキーで自動的に開け閉めできます!

ポーチは広めに確保したので、玄関前に荷物を置いたりお気に入りの観葉植物でディスプレイしたり・・・

実はこの考え、ウィズママが10年前から始めているOBママさんたちを集めた『ママ座談会』で出た意見なんです!

実際にママさんたちのご自宅で取り入れた良かったところをモデルハウスにフィードバック!

これってすごいことですよね。

普段から家にいることが多いママだからこそ気付く貴重なご意見

あれやこれやをカタチにしています!

 

さて、モデルハウスというとドーン!どうだ―!すごいだろー!系の豪邸をよく見かけますよね。

確かにワクワクするし、すごーい!の連続。

でも予算には限りがあります。

ウィズママの家は、夢が現実となるようにモデルハウスは常にリアルサイズ。しかもママ目線のアイテムがたくさん!

 

ご興味のある方はぜひご覧ください!!

続編公開しました!続きはコチラ>